外国人技能実習制度とは

開発途上国等には、経済発展・産業振興の担い手となる人材の育成を行うために、先進国の進んだ技能・技術・知識を習得させようとするニーズがあります。そのニーズを受けて外国人技能実習制度が創設されました。

この制度は、外国人技能実習生に技能等の移転を図り、その国の経済発展を担う人材育成を目的としたもので、我が国の国際協力・国際貢献の重要な一翼を担っています。

​国際貢献

​社会貢献

活性化

国際貢献:開発途上国等への技術支援を行う

社会貢献:CSR活動(企業の社会的責任)を担う

活性化:エネルギー溢れる実習生の受入れで職場を活気付ける